できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋と投資のブログ

なぁみんな、禁断いっくんを責めるのやめないか?

前回の記事はこちら↓

gruber-matin.hatenablog.com

前回の記事を拡散していただいた皆様、及び温かい同情の言葉を掛けていただいた皆様に御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

前回の記事は10万人以上の方に読んでいただき、私の望んでいたとおり㈱VAZの方たちの目にも留まったことと思われます。

その後の進展については、既に他のニュースサイト等で紹介されている通り、ヒカル達のVALU買い戻しという結果になりました。
これは私がもっとも望んでいたことであり、皆様の拡散のおかげです。

私は2ch界隈にて今世紀最大級のアホとして祀りたてられているらしいのですが笑、そのような話題性もあっての今回の結果と考えています。

資金も戻ってきたことですし、私は今回の件について、彼らを完全に許すことにしました。正直に言いますと、我々投資クラスタの参戦により、VALUとVAZという2つの組織の息の根を止め掛けていることに若干心苦しさがあります。

VALU及びVAZの対応

今回の件についてVALUとVAZが提案した解決策は以下↓

・ヒカル(VAZ)は所有する全ビットコイン5465万円相当を使ってこれまでの最高値付近で自社株買いをする。

・一連の取引でVALUが徴収した手数料は「人の価値を発掘し、高める」というVALUの理念に基づいて、全額寄付する

私が望んだ結果にほぼ一致しています。ただ、おや?と思った点が2つ。

①損切りしたVALUREへの補填

ヒカルがVA大量売りぬけを実行したのが8/15の昼。
上記の自社株買を発表したのが8/17深夜。

深夜2時くらいにこっそり自社株買いを発表する点がとても微笑ましいのですが、上場企業でさえ赤字決算の開示を夜中にこっそり行うことはよくあることです笑

それに、VALUの市場が閉まっている時間帯に発表しないとフェアではないので、これはまぁ良い。

問題は、売り抜け⇒自社株買いまでの間の、16日の昼間に他のVALUREにVAを売りぬいて損切りした人。おそらく数十人はいるはず。

彼らはVAを購入した金額の2~3割程度の損失を確定させています。ヒカルが自社株買いを実施したとしても、ヒカルに売りつけるVAを持っていません。逆にいえば、あれほどの炎上中に、2~3割安くVAを仕入れた天才相場士が数十人存在したわけです笑

まぁこれに関しては今後何らかの補填があるでしょう。この問題については他の人も言及している様です。

②全50000VAの買い戻しは可能なのか?

私の理解では、ヒカルはVAを売りぬいて得たBitcoinの総額5465万円を使って、最高値付近での買い戻しを宣言しています。

ただ、その5465万円はVALU側が得た手数料を引いた金額。その金で最高値付近の買い注文を、流通する全VA数出したとすると、手数料分資金が足りなくなるのではないでしょうか?

最初の私の予想では、足りない分の資金はVAZが責任を取ってポケットマネーから払うと思っていました。でも、ヒカルの文脈からはそのニュアンスは感じ取れません。そもそもこの後に及んで情報を小出しにする彼らも彼らなのですが。

そもそも、VALU側は手数料も含めて我々VALUREに還元するべきだと私は思います。そうすれば資金が足りなくなる心配はほとんどなくなります。なぜここで関係ない第3者を巻き込むのかがわかりません。

さすがにその程度の足し算引き算をVALUとVAZの人たちがしていないはずはないので、なんとかなるのでしょう。まさか自社株買いがはやい者勝ちなんてことになったら、私の様にお盆休みに損失を出して、昼間働きに出るサラリーマンVALUREに勝ち目はありません笑

禁断ボーイズいっくんについて

今日一番したかった話をします。

禁断のいっくんは近畿大学法学部在学中に、友人たちと近代ボーイズというYouTuberユニットを立ち上げます。
ある程度人気がでると、彼らの撮影中の迷惑行為を通報する電話が近畿大学に殺到するようになりました。
大学生活とYouTuberを天秤にかけた結果、彼らは大学を中退する選択を取ります。
その後映像系の専門に入りなおすもここでも通報電話が殺到⇒中退。完全にYouTuber1本での生活を送っている途中にヒカルらのスカウトを受け、㈱VAZのNextStageに所属します。

最近の動画で私をもっとも楽しませてくれた動画がこちら↓

www.youtube.com冒頭中央の青い髪の青年がいっくんです。この動画にもそれなりにアンチの苦情が入った様ですが、ヒカルも含めてこのようなTVでは挑戦できない企画にチャレンジする彼らを私は心から応援していました。

ここからは完全に私の推測になります。

禁断いっくんは、個人が資金調達を行うリスクを本当にすべて理解して今回の仕手紛いの行為に加担したのでしょうか。

現在22歳の青年です。法学部を中退していたとはいえ、彼に今回の仕手戦を充分に理解できるほどの金融リテラシーがあったとは私には思えないのです。

事業家として成功していたヒカルや井川氏、FXで貯めたお金でベンツやマンションを購入したラファエルは確信犯だったと思っています。

ですが、大学を中退してひたすら動画制作に夢中になっていたいっくんが、相場操縦や資金調達のリスクを充分に理解せずに、井川氏やヒカルの指示に従っただけの可能性は十分あると考えています。本当に違法性のない手軽な小遣い稼ぎだと思っていたとしても私はおかしいとは思いません。

私は彼らが優待のツイ消しを行った瞬間、VAZという会社はこの無邪気に笑う青年を悪質な仕手紛いの行為に加担させるのかと青ざめました。

VAの売り抜け以降、ヒカルやラファエルはご存じの通り少々おらついたTweetを連発していましたが、いっくんは長い間沈黙を貫いています。

現在いっくんのTwitterアカウントには彼を詐欺師として非難する声が殺到しています。

ですが、彼を非難する人の何割かは、明らかに仕手行為への理解を持たずに殺気立った言葉を浴びせています。

先週までVALUで相場を張っていた2万人のみなさん。本当に全員が個人が資金調達を行うことのリスクを理解していたのですか?

事実、私が前回書いた記事に対して、内容を理解できない旨の質問やコメントが届いています。

すべて私の憶測でしかないのですが、共感していただければ、どうか彼を許してやって欲しいのです。

私の前回の記事がきっかけのひとつでもあり、大変おこがましいことと理解しています。

私からは以上です。