できれば遊んで暮らしたい.com

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

MENU

先行者利益を得るためにポーカーの勉強をしてる話

私の将棋以外のもう一つの趣味である「投資」の話をします。

日本で投資といえば株式投資が連想されますが、投資本来の意味は「将来的にリターンを生むであろうという期待のもとに、資産や時間をある対象に投じる」ことであり、株や不動産だけが投資ではありません。学校の勉強も広い意味では将来への投資ですね。

で、私は最近ポーカーの勉強に時間を割いているのです。理由は後半でお話ししますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください笑

誤解しないで!ポーカーは運ゲーじゃないよ!

子供のころにポーカーで遊んだ思い出がある方はたくさんいると思います。

日本でポーカーというと、最初に5枚づつトランプを配り、一度だけ(地域によっては複数回)好きな枚数のカードを山札からチェンジして、その後手札の5枚のカードで作る「役」の強さを競う「ファイブカードドロー」のことを指します。

それに対して、私が勉強しているのはラスベガスやマカオのカジノでもっともポピュラーなルールである「テキサス・ホールデムというもので、日本のそれとはすこしちがいがあります。

5枚一組で役を作るのは一緒ですが、そこに至るまでの流れが日本のポーカーとはちがい、より戦略性のあるゲームになっています。

通常6人くらいで遊ぶのですが、簡単に今回は2人で遊ぶ場合で説明します。

①最初にディーラーが山札から参加者に2枚ずつカードをくばります

f:id:gruber-matin:20170715230340p:plain

この2枚は自分だけが表側を確認できます。相手には自分に何が配られたかわかりません。

②チップをかけます

最初の2枚のカードが配られた段階で、「勝負」するか「降りる」かを選択します。手札の2枚が相手より弱いカードであると予想した場合は、そのテーブルで定められた最小ベットのチップを払い「降りる」ことができます。

たとえば自分のカードが「4❤」「2◆」の2枚であった場合、かなり弱いカードなので降りる場合が多いです。(日本のポーカーと同じで、2⇒3⇒・・⇒K⇒Aの順番で強いカードになります)

もし「勝負」を選択した場合は、互いのベット額が同じになるまでチップを掛けて、次の段階に進みます。
ある段階で一人のプレイヤーを残して他の全員が勝負を降りた場合、それまでに場に出されたチップをその一人が総取りし、次のゲームに進みます。

③場に共通カードを3枚出します

f:id:gruber-matin:20170715231646p:plain

ここからが日本のポーカーとの大きなちがいです。ディーラーが場に共通カードを3枚出し、手札の2枚と共通カードの3枚を合わせた5枚が、その時点での自分の「役」になります。

たとえば上の図では自分の手札にエースがあり、共通カードにもエースがあるので、この段階でワンペアが完成しています。

④チップをベットします

②と同じように、自分の「役」の強さから勝負するか降りるかを判断します。降りる場合はここまで一度ベットしたチップをすべて失うことになります。勝負する場合は、また参加者全員のベット額が同じになるまでチップを掛けます。

⑤4枚目の共通カードを場に出します

f:id:gruber-matin:20170715232857p:plain

さらに共通カードを一枚追加します。プレイヤーは手札の2枚と共通カード4枚の中から、「最強の組み合わせになる5枚」を選択し、それがこの時点の役になります。

⑥チップをベットする

④と同じように、勝負するか降りるかの選択をします。

⑦5枚目の共通カードを場に出します

f:id:gruber-matin:20170715233300p:plain

この5枚目が最後の共通カードになります。手札の2枚と共通カード5枚の中から「最強の組み合わせになる5枚」を選択し、プレーヤーの最終的な「役」が完成します。

⑧チップをベットする⇒手札をオープンして勝敗を決めます。

f:id:gruber-matin:20170715234346p:plain

結局自分の役はエースの「ワンペア」止まりでしたが、十分強い役である判断して勝負に出たとします。それに対して相手が開いた手札は二枚ともハート。共通カードのハート3枚と合わせて「フラッシュ」の役ができているため、相手はこれまで場に出されたチップを総取りすることができます。

以上がテキサス・ホールデムの1ゲームの簡単な流れになります。

ファイブドローと違い、共通カードの存在により相手の役を作るカードの半分以上を知ることができるので、より戦略性のあるゲームになっています。

もちろん一発勝負であれば完全に運ゲーの域を出ませんが、このルールで数十ハンド位勝負すると、最終的には実力のある方が多くのチップを得ているはずです。

なぜポーカーを勉強しているのかというと・・

で、なんで私がブログもさぼり、将棋の研究もしないでポーカーの勉強をしているのかというと・・・

出来るからですよ。日本に。カジノが笑

具体的にいつどこに出来るかはまだ決まっていませんが、最短でも3~4年は先の話でしょう。

 名目上は外国人客相手の観光地ということですが、当然日本人のお客さんも来場するわけです。ですが、もともとカジノ文化がないここ日本。おそらく最初の1~2年は興味本位な素人同然のお客さんがたくさん来ると思うのです。

そこに、3年以上の修行を積んだ私が乗り込み、素人さん相手に無双してやろうという計画を立てているわけです笑

カジノゲームであればポーカーにこだわる必要もないのですが、たとえばスロットやルーレットのようなゲームは、客vs.ディーラー(orお店)という図式であり、数年程度の勉強ではたいして期待値は上がらないと思います。

ポーカーの様な客vs.客で行われるゲームでなければこの理論に当てはまりません。
(ちなみに、ポーカーの場合、ディーラーが毎ゲーム5%程度の寺銭をもらうことで利益を得る仕組みになっています)

期待値的には十分勝算のある理論だと思うのですがどうでしょうか?