できれば遊んで暮らしたい.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

高美濃の桂馬の話

こんにちは、未だに歩兵の読み方がよくわからないぐるーばーです。
今回は高美濃の3七(7三)の桂馬について語りたいと思います。

躊躇なく桂馬跳ねるそこの君へ

基本的に振り飛車党の人は高美濃の桂馬を3七に跳ねる手が好きです。
自分の手番でほかに指したい手がない時はノータイムで桂を跳ねる人がほとんどなのではないでしょうか。でも桂馬を跳ねる前に一度立ち止まって考えてほしい。その桂馬、簡単に跳ねていいのでしょうか。

下図の二つの囲いを見てください。先手は桂馬を跳ねた高美濃、後手は代わりに8四の歩を突いた高美濃です。二つの囲いを比べると、純粋な固さでは後手陣に軍配があがります。

f:id:gruber-matin:20170203202639p:plain

先手陣は後手の陣形に比べ
①端攻めに弱い
②3六の桂頭が弱い
とい2つの弱点があります。

桂頭が弱点になった例として一局ご紹介します。下図は渡辺竜王対櫛田陽一七段の実戦です。

f:id:gruber-matin:20170203213821p:plain

まだ中盤の入り口ですがここから渡辺竜王はおもむろに7五歩!と突きだします。
以下△同歩  ▲3五角  △3六歩  ▲2四角  △3七歩成  ▲5一角成  △2八と  ▲6一馬  △同銀 ▲7四歩  △同金 (下図)

f:id:gruber-matin:20170203215012p:plain

▲7五歩の突き捨てを活かして金を上部に呼び込むことに成功しました。こうなると後手陣はばらばらで実戦的に勝ちにくい局面と言えます。

桂馬は必ず5段目まで跳ねよう

単純な固さだけで判断すると桂馬の位置は3七よりも2九のほうが勝ることはわかっていただけたと思います。

もちろん▲3七桂馬自体が悪手なわけではありません。ただ、3七の桂馬は攻め駒であり、5段目に跳ね出さずにその将棋に負けることは避けるべきだと私は考えています

3七の桂を2五(4五)に跳ねる手は、攻め+桂頭の弱点を無くす+玉が広くなるという立派な攻防の一手なのです。(下図)

f:id:gruber-matin:20170203221620p:plain

桂馬を守りの駒としてとらえるのであれば2九に置いておく。攻め駒として活用するのであれば必ず5段目まで跳ねる。それを意識していただければ自然と勝率アップにつながると思います。