できれば遊んで暮らしたい.com

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

MENU

相振り飛車の端 受ける?受けない?

こんにちは。将棋ブロガーのぐるーばーです。

はやいものでブログを初めて2週間が経ちました。そして、気付いたことが一つあります。

『実はみんな、相振り飛車の記事に興味ない!!??』

はい、そうなんです。これまで相振り飛車の記事を2つ書いているのですが、極端にpv数が他の記事より少ないのです。

しかしですよ、相振り飛車は市販の書籍があまり充実しておらず、書籍に対するネタかぶりを気にする必要がないので筆が進むのです笑

というわけで今回のテーマは、振り飛車の囲いの端歩を受けるべきか否かについて書いていきます。

振り飛車の端歩のセオリー

振り飛車で囲い側の端歩を突かれたときに受ける必要があるのかどうかは、相振りビギナーの方にはなかなか悩ましい問題なのではないでしょうか。(例:下図)

f:id:gruber-matin:20170128213640p:plain
この疑問に対して、条件別に解説していきます。

条件1:金無双のとき

もしあなたが囲いに金無双を選択したのであれば、端歩は絶対に受けてください。
なぜなら、金無双は2八のマスに銀がいるため、端攻めに対してとても強い囲いだからです。将来端に玉が追いつめられた際の逃げ道をつくりつつ、銀の動きを楽にする▲1六歩にはデメリットがほぼありません。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128214121p:plain
また、2筋の歩を交換された際に▲1七銀~▲2六銀から敵の飛車を狙うという選択肢も生まれます。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128215002p:plain
というわけで、金無双の端歩は絶対に突くようにしてください。

条件2:穴熊のとき

穴熊に囲った場合は、端は受けないでください。ダメ。ゼッタイ。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128215943p:plain

穴熊に囲った場合、相手はほぼ100%端攻めを狙ってくるので、端歩を受けると相手の攻めが2手はやくなってしまいます。

2手じゃなくて1手じゃないの?!と思われた方のために補足で説明するために下図を用意しました。

f:id:gruber-matin:20170129100635p:plain

お互いに穴熊に囲い、先手も後手も端攻めを狙える局面です。
仮にここから先手が端を攻めた場合、端歩を突き捨てるまでに▲9五歩▲9四歩の2手が必要になります。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129101116p:plain

対して先手が仮に▲1六歩と端歩を受けると、すぐに後手に△1五歩と突かれてしまいます。(下図)
下図はこのまま終盤へと進んだ場合、上図に比べて先手の攻めが▲9五歩、▲9四歩の2手分遅れています。

f:id:gruber-matin:20170129101233p:plain

仮に△1四歩と突かれた局面で、先手がパスすれば(ルール上無理ですが)後手の攻めは1手早くなります。
対して▲1六歩と受ける手は、「パス+さらに互いの歩が1マス近づく」手であるので、後手の攻めが2手早くなるのです。

条件3:美濃&矢倉のとき

条件1と2は相振りビギナーの方にとってもかなりイージーな条件だと思われます。
問題は美濃矢倉の場合です。これは相振り飛車を指しなれた方にも悩ましい問題なのではないでしょうか。

結論から書きます。ずばり相手の攻め駒の陣形を見て
『銀で端を攻めてきそうならば受けない』『桂馬で端を攻めてきそうならば受ける』
がセオリーとなります。

以下の図で説明します。

f:id:gruber-matin:20170129103417p:plain

上図の後手は4三の銀を△3四銀~△2五銀と活用しようとしています。その最中に△1四歩と端を打診してきました。この局面は『銀で端攻めされる局面』ですので、端歩を受けないでください。仮に受けた場合の一例を解説します。

上図以下
▲1六歩 △2五銀 ▲2八玉 △1五歩 ▲同 歩 △同 香  ▲同 香 △2六歩
▲同 歩 △同 銀 ▲2七歩 △1五銀 ▲6四歩 △同 歩  ▲6五歩 △2五香
(下図)

f:id:gruber-matin:20170129105258p:plain
後手は△1五香から流れるように香車を入手し、△2五香と据えます。次に△2六歩▲同歩△同銀の数の攻めが受かりません。

矢倉の場合はもっとわかりやすいです。以下の局面を見てください。

f:id:gruber-matin:20170129110545p:plain

仮に上図で▲1六歩と突いた場合、△1五歩 ▲同歩 △同銀 ▲同香 △同香という端攻めが可能となります。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129110833p:plain

上図の局面は△1二飛△4四角の応援があり、先手は端をささえきれません。

以上の例のとおり、相手が銀で端を攻めてくる場合、端歩を受けると相手の攻めに弾みがつくので受けてはいけません。

 

次に、桂馬で攻めてきた場合を見てみましょう。まずは下図をご覧ください。

f:id:gruber-matin:20170129111743p:plain

上図は相三間の出だしから後手が一直線に端を狙ってきた局面です。以下一例として、上図以下 △1七桂成 ▲同 香 △1六歩 ▲同 香 △同 香と進み、後手の端攻めは成功します。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112039p:plain

仮にこれが▲1六歩型だとしたらどうでしょう(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112200p:plain

上図から先ほどと同じように△1七桂成と指しても、▲同香で何事も起こりません。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112350p:plain

桂馬による単騎の端攻めの場合、1七の歩を食いちぎられるのを防ぐ意味で、▲1六歩型のほうが受けやすい場合のほうが多いのです。矢倉を選択した場合も条件はほぼ変わりません。

 

ここまで読んでいただいて、「銀で攻めてくるか桂馬で攻めてくるかわからない段階で端を突かれたらどうすんねん」と思われた方がいると思います。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128213640p:plain

その場合は、受けない方が無難です。なぜなら将来マイナスになる可能性のある手を指すくらいなら、100%プラスになる攻めの手を指した方が確率的に明らかに得だからです。条件2で説明したとおり、端を受ける手は結果的に2手パスになる可能性を常に秘めているのです。

振り飛車の端歩のセオリーの話は以上になります。なるべく丁寧に説明したつもりなのですがいかがだったでしょうか。

ではまた。