できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋と投資のブログ

これだけ覚えりゃ何とかなる! 相振り飛車の攻め筋集

 こんにちは、将棋ブロガーを自称しはじめた男、ぐるーばーです。
今日は振り飛車初心者のために、頻出する攻め筋を紹介しようと思います。

①実戦における頻出度②相手から見た受けにくさ
の2種類を五点満点で評価していきます。

その1 棒銀+筋違い角

①頻出度   ★★★★★
②受けにくさ ★★★★★

最初に紹介する手筋は、向かい飛車+棒銀の形で、▲5六角と打ちおろす筋(下図)

f:id:gruber-matin:20170123204232p:plain

この角打ちにより、8三の地点に利いている先手の駒が①銀②飛車③角の三枚になり、次に▲8四歩と打つ数の攻めが受かりません。

この攻め筋の利点としては、攻めに必要な歩が1枚であり、単手数でこの理想形に組めること。また、1度角を打ってしまえば後手に適当な受けがないことです。
さらに、相手の囲いを問わず美濃、金無双、穴熊すべての囲いに対して通用します。

この筋は相振り飛車において最も強力な攻め筋であり、評価は頻出度、受けにくさともに満点にしました

その2 美濃囲いに対する棒銀+6六角

①頻出度   ★★★☆☆
②受けにくさ ★★★★☆

次に紹介するのは、美濃囲いに対して棒銀から6六に角を打つ筋(下図)

f:id:gruber-matin:20170123205629p:plain

ここからの狙い筋は知らない人はそのまま暗記してほしい順。

上図以下
△4二金 ▲8四歩 △同 歩▲8三歩 △同 銀 ▲8四銀 △同 銀 ▲8三歩 △同 玉 ▲8四飛 △7二玉▲8三銀 △6二玉 ▲9二銀不成 (下図)

f:id:gruber-matin:20170123210022p:plain
2度の▲8三歩のたたきと最後の▲9二銀不成で流れるように敵陣を突破できます。
最後の▲9二銀不成のところで、▲8二銀や▲8二歩はスピード感に欠けます。少なくとも桂香は回収できる形ですので思いきって銀を捨ててください。

この筋は攻めるのに歩が2枚必要になることと、わりと有名な筋なので相手も警戒してくるため評価はその1より少し低めにしました。

その3 金無双に対する棒銀+5五角

①頻出度   ★★★★☆
②受けにくさ ★★★☆☆

美濃囲いへの攻め筋を紹介したので、次は金無双への攻めです。
下図のように、3三の桂馬が浮いているときに効果的な攻めがあります。

f:id:gruber-matin:20170123215336p:plain
上図以下
 ▲7四歩 △同 歩 ▲5五角 △4四角▲8二角成 △同 玉 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 銀
(下図)

f:id:gruber-matin:20170123215908p:plain
▲7四歩と一本捨ててからの▲5五角が覚えていただきたい一手。この手が3三の桂取りになっていないと△7五銀で銀損になるので注意。
△4四角には一気に角を切ってから棒銀の攻めで上図になります。

この局面まで進むと先手よしで間違いないでしょう。ただ、角を失っているため丁寧に攻めをつなげないと左辺に逃亡される恐れがあります。受けにくさは★三つにしました。

まだまだ紹介したい筋はたくさんあるのですが、今回はここまでにします。ぜひこれらの手筋を身につけて実戦で試してみてください。