できれば遊んで暮らしたい.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

一直線穴熊対策 先手4六歩型

こんにちは、穴熊されるの大嫌いなサラリーマン、ぐるーまんです。
今日は先手中飛車に対して一直線穴熊を採用されたときの指し方を紹介します。

一直線穴熊は超速に並ぶ対中飛車のエース戦法であり、対策に苦労している人も多いのではないでしょうか。
受け身にならず、積極的に局面をリードしに行く先手らしい指し方を紹介します。

先手も穴熊

初手から
▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲5五歩 △6二銀
▲5八飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉 △5二金右 ▲6八銀 △3三角
▲2八玉 △2二玉 ▲1八香 △4四歩 ▲1九玉 △4三金 ▲2八銀 △3二金
▲3六歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114210612p:plain

長手数進めましたが、ここまではほぼ定跡通りの進行。ひとつ注意しなければならないのは▲3九金の一手を保留すること。この工夫がのちに大きな違いとなります。

上図以下
△1二香 ▲5七銀 △1一玉 ▲4六銀 △5一銀 ▲3五歩 △同 歩▲同 銀
△4二銀右 ▲4六歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211220p:plain

▲4九金型で4六歩を突く

3筋の歩を交換後、すぐさま▲4六歩と突き出します。これにより△4五歩を防いで、後手の角の行動範囲を狭めます。

ちなみにもし▲3九金の一手を入れていると、▲3五銀の瞬間に△4五歩と突く手が間に合います。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211849p:plain

この局面は、次に△8四飛車と浮かれると後手の飛車角が十二分に働いており、先手が戦いづらい局面となります。逆にいえば、振り飛車は上図の様な局面を作らないように常に注意する必要があります。

ちょっと待ってくれよ、じゃあ本譜の進行で▲3五銀の瞬間に△4五歩を突かれたらどうするの?と思った人はするどい。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114212516p:plain

これには強烈な切り返しがあります。それが▲3七桂(下図)

f:id:gruber-matin:20170114212641p:plain

後手は5一の銀が受けに利いておらず、先手は次に何が何でも▲4五桂と跳ね、▲3三歩~▲5四歩の容量で一気に敵陣突破を狙います。

本譜に戻ります。再度図を載せておきます。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211220p:plain

上図の局面は第44期新人王戦の第2局で現れた局面。

2013年10月9日 決勝三番勝負 第2局 藤森哲也四段 対 都成竜馬三段|第44期新人王戦

上記の将棋はここから一気に激しい戦いになったのですが、むしろ穏やかな進行になった場合こそが知っていただきたい変化です。ここからは私の研究手順になります。

上図は次に▲4五歩 △同歩 ▲4四歩という狙いが残っており(ただしすぐに成立するかは微妙)、局面を落ち着かせたい後手は△3四歩と打ってくるでしょう。

上図以下
△3四歩 ▲2六銀 △2二銀 ▲2五銀 △2四歩 ▲3六銀 △3一銀右 ▲3九金
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114214056p:plain

先手作戦勝ちに

△2二銀に対して▲2五銀と立つのが知ってほしい一手。仮に△3一銀なら▲3八飛車で次の▲3四銀が受かりません。

というわけで後手は△2四歩をつくことになりますが、迎えた上図は実はすでに先手作戦勝ちとなっています。わかりやすくするためにもう少し進めてみましょう。

上図以下
△2三銀 ▲5九金 △2二銀 ▲4八金左 △7四歩  ▲3八金寄 △1四歩  ▲1六歩
△5一角 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 銀 △4四歩  ▲5四歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114214628p:plain

少しやらせっぽい手順になってしまいましたが、上図は先手大優勢です。
なぜこんなことになってしまったのかというと、▲4六歩と▲3六銀の存在により、後手が角を動かした瞬間、常に▲4五歩の仕掛けが生じてしまうのです。しかし後手陣の陣形をみると、△4四歩、△2二銀、△2四歩らの存在により、角を活用できる方向が△5一しかありません。つまり、後手は角を永久に攻めに使うことができないのです

後手は自分から攻めるためには飛車と桂馬のみで無理に動くしかなく、それをわかっている先手は後手陣に隙ができるまでのんびりと陣形の整備(たとえば▲2六歩~▲2七銀~▲2八金)を行えば自然と勝利することができます。

以上が今回紹介したかった一直線穴熊対策になります。この変化はプロの対局でも類似の局面が現れることはあったのですが、なぜか書籍等で紹介されたことはなかったと思います。

ぜひみなさんも実戦で試してみてください。そして、共に居飛車穴熊を絶滅させてやりましょう笑。