できれば遊んで暮らしたい.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

対四間飛車4五歩早仕掛けについて考える

こんにちは、ぐるーばーです。
今日は四間飛車の4五歩早仕掛けの定跡について書こうと思います。
私が将棋を始めて最初に覚えた戦法が四間飛車でした。その頃の記憶を呼び覚ましながらこのブログを書いています。

既存の定跡の違和感

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △6二銀 ▲4八玉 △4二玉
▲3八銀 △3二玉 ▲3九玉 △5四歩 ▲7八銀 △5二金右 ▲5八金左 △1四歩
▲1六歩 △8五歩 ▲7七角 △7四歩 ▲2八玉 △4二銀 ▲6七銀 △5三銀左
▲5六歩 △6四歩 ▲4六歩 △6五歩 ▲4七金 △7三桂 ▲3六歩 △8六歩
▲同 歩 △6六歩 ▲同 銀 △6五歩 ▲同 銀  (下図)

f:id:gruber-matin:20170121214249p:plain

一気に進めましたがここまでは定跡です。

私はこの定跡手順は居飛車もちです。
というのも、上図の後手はすでに銀桂交換の駒得の権利を確保しており、飛車先の突破も約束されています。それに対して先手の主張はほぼ玉の固さのみ。

ここから△7七角成 ▲同桂 △2二角が主流になっていますが、振り飛車から見るとその順は案外なんとかなるとしたもの。プロの実戦例も多く、関連した書籍も多く発売されています。

というわけで、今回は「駒損は裏切らない」の精神にのっとり△6五同桂を本譜として進めます。

上図以下
△同 桂 ▲同 飛 △7七角成▲同 桂 △8七角 ▲3五歩 △7六角成 ▲3四歩
△7七馬 (下図)

f:id:gruber-matin:20170121215156p:plain
上図までの手順もほぼ定跡化されており、プロの勝率もほぼ五分五分のようです。私も四間飛車を愛用していたころは上図のように進むことが多かったです。

しかしこの局面、アマチュア同士なら実戦的に後手が勝ちやすいと思います。なんせ後手は銀得です。△8六飛車も△9九馬も残っています。
上図からは先手3三桂のかち込みが定跡ですが、3三の地点には後手の馬が利いているため、なかなか攻めつぶせるものではありません。

角交換系の振り飛車の発想

いつの間にか四間飛車から気持ちは離れ、私は石田流やゴキ中などの力戦振り飛車を愛用するようになりました。そうして月日はながれ十余年、『久保&菅井の振り飛車研究』に興味深い記述がありました。以下は引用です。

"菅井「4五歩の早仕掛けで居飛車に龍を作られる展開はいやです。(中略)4五歩には細かい変化を避けるために2二飛車でいいんです。」"

とりあえず菅井先生が私と同じ感覚を抱いていたことがうれしかった。しかし注目は最後の一文。どういうことかというと以下の局面のように、▲4五歩~▲3七桂に対して△2二飛とまわって十分では?ということらしい。以下一例として進めてみます。

f:id:gruber-matin:20170121223356p:plain

上図以下
▲4四歩 △同 銀 ▲4五歩 △5三銀 ▲3三角成 △同 桂 ▲8八角 △4三金
▲4七銀 △6三銀 ▲2六飛 △7二金 ▲4六銀左 △2一飛  (下図)

f:id:gruber-matin:20170121223817p:plain

このように進めば確かにいい勝負でしょうか。この菅井先生の発想は私にとってかなり衝撃的でした。四間飛車は基本的にさばきに重きを置く戦形であり、上図のようにがっちりと『受け止める』様な手はあまり定跡化されていません。

しかし角交換振り飛車的な発想で上図をみると確かにどこか見慣れた局面にも思えます。その発想を既存の定跡にとらわれず四間飛車に取り入れる菅井先生には脱帽です。

でも上図でいきなり▲3五歩が気になりますね。△同歩▲同銀はまずそう。
▲3五歩に△4四歩が手筋っぽい手ではありますが▲3四歩△4五桂▲3三歩成△同金
▲4五桂・・・うむ・・・微妙。
よくわかりませんでしたが可能性を感じる局面ですので時間があるときの研究課題にします笑

 

王手をかけさせない囲い かけられてもいい囲い

今日は将棋の囲いのお話をしようと思います。
このブログを始めた時点では、序盤の研究ネタだけで100個は書くぞ!と意気込んでいたのですが、3つ書いた時点でネタ切れの危機を向かえています。なので今回は囲い終盤についての記事にしました。

矢倉と美濃の違い

将棋の囲いは大きく二つに分けられるのだそうです。
一つ目のグル―プの代表的な囲いは美濃囲いです。
二つ目のグループの代表は矢倉囲いです。
穴熊は少し仲間はずれなのですが、どちらかといえば前者になります。

f:id:gruber-matin:20170119234441p:plain

どういうグループ分けだと思いますか?
「簡単じゃないか。振り飛車の囲いと居飛車の囲いだろう。」
「いや、縦の攻めに対する囲いと横の攻めに対する囲いだ。」それももちろん正解です。でも今回は終盤のお話をしたかったので、どちらも不正解にさせてください。

正解は...

正解は、「王手をかけさせない囲いと、そうではない囲い」です。
おそらくこんなことを言われても、ピンとこない方が多いのではないでしょうか。
説明のために、次の図を用意しました。

f:id:gruber-matin:20170119222826p:plain

後手は美濃囲いが完全に残っている状態ですが、▲8三歩と王手された局面は、既に応手が難しくなっています。△9八玉や△7一玉はほぼ詰みです。最善は△8三同銀ですが、▲同桂成△同玉▲7五桂で王手が続く形であり、後手玉は持ちません。

次に後手が矢倉の場合を見てみましょう。

f:id:gruber-matin:20170119223446p:plain

上図はどうでしょう。美濃囲いの場合と違い、△9二玉と寄った局面はまだまだ後手にも粘りがいがあるように見えませんか?

自玉に駒が利いている形は王手に強い。

二つの囲いの王手に対する耐久力の違いはなぜ生まれるのでしょうか。
その答えは自分の駒が自玉(上図の8二の位置)に利いているか否か、です。

美濃囲いは玉に隣り合っている金駒が銀のみで、自玉に対する利きがありません。それゆえ王手をかけられた途端すぐに寄ってしまいます。

対して矢倉は銀と金が一枚ずつ8二の地点に利いているので、王手を掛けられても△9二や△7一に逃げたあとの▲8二銀打や▲8二金打がそれほど脅威ではありません。

美濃囲いは一手早く受ける。

f:id:gruber-matin:20170119234028p:plain

王手に対する耐久力の理解は、終盤の指し手の指針になります。上図を見て、攻め将棋の方はつい▲2二銀のような手から読んでしまいがちです。しかしそれは勝率を下げる考え方です。

上図の様な局面はとにかく△3九銀の王手を許してはいけません。よって、▲8九歩のように一手早く受ける手が好手になります。

決して美濃囲いが矢倉囲いに対して劣っていると言っているわけではありません。美濃囲いは金銀が互いにスクラムを組んでおり、もともと王手がかかるまで手数のかかる囲いなのです。

対して矢倉囲いは王手に対して強い代わりに、純粋な固さ自体は美濃囲いに劣ります。

二つの性質を併せ持つ囲いが最強

矢倉系の囲いと美濃系の囲いのどちらを好むかはそれぞれの棋風によると思います。
おそらく受け将棋の方は矢倉を好むのではないでしょうか。矢倉系の囲いは崩されてからがなかなか寄せづらいです。

ただ一つ確かなことは、王手をかけるまで時間がかかり、かつ自玉があるマスに駒が利いている囲いが最強であるということです。
穴熊銀冠がそれに当たります。

f:id:gruber-matin:20170120000215p:plain

序盤に自玉を整備する余裕があるときは、このような二つの性質を合わせもつ玉形を目指すと終盤にあと一手の余裕が生まれます。ちなみに個人的に好きな囲いがこちらです。

f:id:gruber-matin:20170120000549p:plain

玉の遠さ、王手に対する耐久力ともに申し分なく、穴熊にも引けを取らない固さです。私はダイヤモンド美濃に組んだ後にさらに余裕があるときはこの形に組むことにしています。この玉形まで組めればほぼ負けた記憶がありません。

今回の記事は以上になります。少し変わったテーマでしたが、いつかみなさんの役に立つ時が来ることを願います。

先手中飛車vs.飯島流(鈴木八段の豪快な指し回しより)

こんにちは、実戦練習はもっぱらウォーズ3切れのぐるーまんです。
今回は飯島流に対する先手中飛車の対策を紹介します。
紹介する棋譜第24期竜王戦2組 鈴木大介八段 - 真田圭一八段戦です。
真田八段の飯島流に対する鈴木八段の対策があまりに見事だったため、当時ネットで飯島流に対する決定版かと話題になりました。

ただし、 
結果的に飯島流自体が激減する
      ↓

半年に一回程度遭遇する
      ↓

その頃には対策が記憶の彼方に忘れ去られている
という悪循環が私のなかで発生しているため、自分の勉強の意味も込めてこのブログにて紹介したいと思った次第です。

初手より
▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲5八飛 △3二銀
▲5五歩 △同 歩 ▲同 角 △5二金右 ▲4八玉 (下図)

f:id:gruber-matin:20170116215325p:plain

5筋の歩は角で交換する

△3二銀の飯島流表明に対して先手は5筋の歩を交換します。
ついつい▲5五飛と王手で行きたくなるところですが鈴木八段の指し手は▲5五角。
7七に途中下車しており一手損のため、知らないとなかなか指せない手です。

対して次に▲3三角成の王手角取りがあるので△5二金はほぼ絶対手。
その後先手は悠然と▲4八玉。

上図以下
△3一角 ▲7七桂 △6四歩 ▲6六角 △5三角 ▲3八玉 △4二玉 ▲5四歩 △6二角 ▲6五桂  (下図)

f:id:gruber-matin:20170116222848p:plain

必殺▲6五桂

▲4八玉に対して△8六歩が気になるところですが、以下▲同歩 △同飛 ▲8八飛 △同飛成 ▲同銀の局面は後手の角が働いておらず、先手がよいでしょう。

△3一角に対して▲7七桂で全軍躍動。もはや8筋を受ける気はさらさらありません笑。このまま▲5四歩~▲6五桂を許すと後手陣は崩壊するので△6四歩が絶対手になります。

▲6六角では▲3八玉も自然な一手だと思います。おそらく△6二銀に▲5五飛 △6三銀 ▲8五飛の様な順を見せているのでしょう。(下図)

f:id:gruber-matin:20170116223749p:plain

△4二玉は少し危険な手でした。すぐさま▲5四歩から攻めかかります。そして▲6五桂が狙いの一手。これで後手陣は崩壊します。

▲6五桂以下
△同 歩 ▲7五角 △5三歩打 ▲同 歩成 △同 角 ▲同 飛成 △同 金 ▲5四歩打 △5二歩打 ▲5三歩成 △同 歩 ▲2二角打 (下図)

f:id:gruber-matin:20170116230239p:plain

こびん攻めが厳しい

△6五歩に▲7五角のこびん攻めが厳しい。以下角のにらみを活かしてどんどん攻めます。上図は桂金交換の駒であり、1一の香取りにもなっています。先手大優勢ですね。上図以下△1二飛には▲1一角成 △同飛 ▲2二金から駒得を拡大できます。

以下終局まで棋譜のみ紹介します

上図以下
△6三桂打 ▲5七角 △8六歩 ▲同 歩 △8九飛打▲1一角成 △9九飛成
▲2八王 △9七竜 ▲2二香打 △3一金 ▲1二金打 △6六歩 ▲2一香成
△4一金▲1三角成 △6七歩成 ▲6四歩打 △5五桂 ▲2二成香 △9八竜
▲5八歩打 △4七桂成 ▲3二成香 △同 金▲2二金 △同 金 ▲同 馬
△5八と ▲同 金 △同 成桂 ▲6三歩成 △4八成桂 ▲5四桂打
まで69手で先手の勝ち (下図)

一直線穴熊対策 先手4六歩型

こんにちは、穴熊されるの大嫌いなサラリーマン、ぐるーまんです。
今日は先手中飛車に対して一直線穴熊を採用されたときの指し方を紹介します。

一直線穴熊は超速に並ぶ対中飛車のエース戦法であり、対策に苦労している人も多いのではないでしょうか。
受け身にならず、積極的に局面をリードしに行く先手らしい指し方を紹介します。

先手も穴熊

初手から
▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲5五歩 △6二銀
▲5八飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉 △5二金右 ▲6八銀 △3三角
▲2八玉 △2二玉 ▲1八香 △4四歩 ▲1九玉 △4三金 ▲2八銀 △3二金
▲3六歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114210612p:plain

長手数進めましたが、ここまではほぼ定跡通りの進行。ひとつ注意しなければならないのは▲3九金の一手を保留すること。この工夫がのちに大きな違いとなります。

上図以下
△1二香 ▲5七銀 △1一玉 ▲4六銀 △5一銀 ▲3五歩 △同 歩▲同 銀
△4二銀右 ▲4六歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211220p:plain

▲4九金型で4六歩を突く

3筋の歩を交換後、すぐさま▲4六歩と突き出します。これにより△4五歩を防いで、後手の角の行動範囲を狭めます。

ちなみにもし▲3九金の一手を入れていると、▲3五銀の瞬間に△4五歩と突く手が間に合います。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211849p:plain

この局面は、次に△8四飛車と浮かれると後手の飛車角が十二分に働いており、先手が戦いづらい局面となります。逆にいえば、振り飛車は上図の様な局面を作らないように常に注意する必要があります。

ちょっと待ってくれよ、じゃあ本譜の進行で▲3五銀の瞬間に△4五歩を突かれたらどうするの?と思った人はするどい。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114212516p:plain

これには強烈な切り返しがあります。それが▲3七桂(下図)

f:id:gruber-matin:20170114212641p:plain

後手は5一の銀が受けに利いておらず、先手は次に何が何でも▲4五桂と跳ね、▲3三歩~▲5四歩の容量で一気に敵陣突破を狙います。

本譜に戻ります。再度図を載せておきます。(下図)

f:id:gruber-matin:20170114211220p:plain

上図の局面は第44期新人王戦の第2局で現れた局面。

2013年10月9日 決勝三番勝負 第2局 藤森哲也四段 対 都成竜馬三段|第44期新人王戦

上記の将棋はここから一気に激しい戦いになったのですが、むしろ穏やかな進行になった場合こそが知っていただきたい変化です。ここからは私の研究手順になります。

上図は次に▲4五歩 △同歩 ▲4四歩という狙いが残っており(ただしすぐに成立するかは微妙)、局面を落ち着かせたい後手は△3四歩と打ってくるでしょう。

上図以下
△3四歩 ▲2六銀 △2二銀 ▲2五銀 △2四歩 ▲3六銀 △3一銀右 ▲3九金
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114214056p:plain

先手作戦勝ちに

△2二銀に対して▲2五銀と立つのが知ってほしい一手。仮に△3一銀なら▲3八飛車で次の▲3四銀が受かりません。

というわけで後手は△2四歩をつくことになりますが、迎えた上図は実はすでに先手作戦勝ちとなっています。わかりやすくするためにもう少し進めてみましょう。

上図以下
△2三銀 ▲5九金 △2二銀 ▲4八金左 △7四歩  ▲3八金寄 △1四歩  ▲1六歩
△5一角 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 銀 △4四歩  ▲5四歩
(下図)

f:id:gruber-matin:20170114214628p:plain

少しやらせっぽい手順になってしまいましたが、上図は先手大優勢です。
なぜこんなことになってしまったのかというと、▲4六歩と▲3六銀の存在により、後手が角を動かした瞬間、常に▲4五歩の仕掛けが生じてしまうのです。しかし後手陣の陣形をみると、△4四歩、△2二銀、△2四歩らの存在により、角を活用できる方向が△5一しかありません。つまり、後手は角を永久に攻めに使うことができないのです

後手は自分から攻めるためには飛車と桂馬のみで無理に動くしかなく、それをわかっている先手は後手陣に隙ができるまでのんびりと陣形の整備(たとえば▲2六歩~▲2七銀~▲2八金)を行えば自然と勝利することができます。

以上が今回紹介したかった一直線穴熊対策になります。この変化はプロの対局でも類似の局面が現れることはあったのですが、なぜか書籍等で紹介されたことはなかったと思います。

ぜひみなさんも実戦で試してみてください。そして、共に居飛車穴熊を絶滅させてやりましょう笑。

角交換四間飛車対策7四歩型

はじめまして、ぐるーばーです。
将棋ブログはじめました。ほかにも日常のことをつらつら書いていく予定です。

初回は私の研究ノートからオリジナルの角交換四間飛車対策を紹介しようと思います。

 後手7四歩型に組む

これから紹介する指し方は居飛車が後手番のときの指し方です。

通常対角交換四間の後手番は早めに6四歩を突いて腰掛け銀に組んで後手の攻めをけん制する形が推奨されていますが、ぐるーばー流は先手の片美濃が完成した瞬間に△7四歩と突きます。

f:id:gruber-matin:20170112232231p:plain

上図から
▲8八飛 △7三銀 ▲8六歩 △同歩 ▲同銀 (下図)

f:id:gruber-matin:20170112232307p:plain

先手は向かい飛車に振りなおして逆棒銀を狙います。それに変えて▲6六歩ならば振り飛車が守勢になりやすく、アマ同士ならば居飛車が勝ちやすいです。

 上図は角交換四間のバイブルである門倉啓太著『角交換四間飛車徹底ガイド』にて先手よしと紹介されている局面。

その理由として、△4四角には
▲7七角 △同角成 ▲同桂 △7五歩 ▲同歩 △8七歩 ▲同飛 △7六角 ▲8八飛△6七角成 ▲8五桂 (下図)

f:id:gruber-matin:20170112232932p:plain

この局面は難解ながら先手まずまずというところでしょう。

▲8六銀に△5四角は
▲7七銀 △8八飛成 ▲同銀 △7六角 ▲7八金 (下図)

f:id:gruber-matin:20170112232454p:plain

この変化は後手が打った角が空振りしている感じですね。

二つの順を組み合わせる

これまでの理由から、先手が定跡を勉強していれば以下の局面まではほぼ間違いなく進めることができると思います。

f:id:gruber-matin:20170112232307p:plain

ここでとっておきの対策を紹介しましょう。

上図以下
△4四角 ▲7七角 △同角成 ▲同桂 △5四角

f:id:gruber-matin:20170112233955p:plain

先の二つの変化を組み合わせて、あえて手損するのが盲点の順。迎えた上図はどうでしょう、先手の指し手が難しいとおもいませんか?

上図以下
①▲8五銀には△7六角▲7八金△8七歩▲8九飛△8五角▲同桂△同飛で2枚換え
②▲9八角には△8七歩▲同飛△7六角
③▲7八金にも△7六角

いずれの順も先手は8六の銀が負担になりやすい展開となります。

以上、ぐるーばー流角交換四間飛車対策でした。ちなみにこの順は当然ながら居飛車が先手のときにも応用することが可能です。その場合は一手多くさせるので△5二金型に組むと良いでしょう。

みなさんもぜひ実戦で試してみてください。