できれば遊んで暮らしたい.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば遊んで暮らしたい

振り飛車党サラリーマンの将棋系雑記ブログ

超速対策 ゴキゲン中飛車△5四銀型(ただし結論は居飛車よし笑)

みなさんおひさしぶりです。

今回は超速に対するゴキゲン中飛車の新手(たぶん)を紹介します。

後手、5四銀型に組む

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛 ▲4八銀 △5五歩
▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △4二銀 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △5四銀
(下図)

f:id:gruber-matin:20170422222830p:plain
紹介する将棋は私が研究会で指した実戦です。(後手が私)
もともとは大会実況様のブログで紹介されていた順を試す予定でした。先に下のリンクを読んでいただくと理解しやすいと思います。

きまぐれブログ 超速のハメ手

上図以下も途中までブログと同手順で進みます。

上図以下
▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5六歩 ▲3三角成 △同 桂 ▲5六歩 △6五銀
▲3四歩 (下図)

f:id:gruber-matin:20170422223739p:plain

先手仕掛ける 

△5四銀はプロの実戦がほとんどないため厳密には悪手です。そこで先手は△5四銀をとがめるべく▲3五歩と仕掛けます。(▲3五歩を見送って▲7八玉の様な手は△6二玉位で後手の主張が通ります。)

ここから本ブログオリジナルの順に進むのですが、先に変化手順として大会実況様の順を引用させて頂きます。

(変化)

"上図以下
 △4五桂 ▲4六銀 △5六銀 ▲4五銀 △同 銀 ▲3三歩成 △5六銀  ▲4三と
 △6七銀成 ▲同 玉 △3四角 ▲6八玉 △6七銀 ▲7七玉 △5七飛成  ▲4二銀
 (変化図)"

f:id:gruber-matin:20170422224521p:plain

先手のと金攻めに対してあえて△4五の銀を△5六銀~△6七銀成と活用して攻め合いを目指すのが大会実況様推奨の手順。ただもともとの局面が先手優勢なため、上図のように▲4二銀と打たれると王手龍取りが受からず、変化図は後手投了級となります。(詳しくはやはり大会実況様のブログを見ていただきたいです)

さて、ここからが私が実戦で発見した順です。

桂馬を取らせる

途中図を再掲します。

f:id:gruber-matin:20170422223739p:plain

上図以下

 △5六銀 ▲3三歩成 △5七角 ▲7八玉 △3五角成 ▲4三と △6七銀成
▲同 玉 △3四馬 ▲6八玉 △6七銀 ▲7七玉 △5七飛成(下図)

f:id:gruber-matin:20170422230312p:plain

▲3四歩の桂取りに対して堂々と△5六銀と進むのが偶然発見した順。それによりあらふしぎ、変化図に比べて3四の生角をゼロ手で馬にすることができるのです笑。(上図と変化図を見比べてください)

上図は3五の地点に馬が利いているため▲4二銀には△同金▲同と△6二玉で王手龍取りを回避できます。

どうでしょう、素晴らしい超速対策がここに誕生しました笑

 先手は何が悪かったのか

この順を発見したとき、「ひょっとしたらゴキ中の歴史を変えてしまったかもしれない・・・」と心が震えました。本当にこの順で後手よしなのでしょうか。

残念ながらそうではありませんでした。ここから種明かしをします。先手のミスは△3四馬に対する▲6八玉であり、最善は▲7七玉なのです。(下図)

f:id:gruber-matin:20170422231552p:plain
しかし上図は一目気になる順があります。

上図以下
 △5七飛成 ▲8八玉 △8九馬 ▲同 玉 △8七龍

f:id:gruber-matin:20170422231919p:plain

上図の後手玉には詰めろがかかっていません。また、おそらく何枚駒を渡しても詰まない形です。それに対して先手玉は△8七龍で一目詰んでそう。私はそう思い実戦では読みを打ち切っていたのですが、驚くべきことに上図は先手よしなのです。

上図以下
▲8八銀 △7七桂 ▲7九玉 △6九桂成 ▲同 玉 △6七龍 ▲7九玉 (下図)

f:id:gruber-matin:20170422232313p:plain

後手玉に詰みはありませんが▲5四桂や▲5三銀を間に合わせてはいけません。よって後手は攻め続けるしかありませんが、上図まで進むと2八の飛車の利きにより有効な詰めろが続かず先手よしです。(△7七銀には▲3三角)

というわけでやはり△5四銀型は振り飛車が苦しいというのが現在の私の結論です。

やはりゴキ中の歴史を変えるのは無理でした笑

 

Bitcoinに20万円投資してみたよ!

こんにちは。昨日までまじめ系将棋ブロガーだった男、ぐるーばーです。

突然ですがまじめ系将棋ブログがネタ切れ気味のため、投資の話をします笑。
タイトルにもあります通り、今話題のBitcoinを購入してみました。

Bitcoinてなんぞや

Bitcoinとは2009年に運用が開始された仮想通貨です。基本的にはドルや円と同じ通貨ですので、価格の変動の波に乗って売買することで上手くいけば利益を上げることができます。

下は2016年4月からの1BTC(ビットコインの単位はBTCでビットと読みます)あたり何円かを表したチャートです。

f:id:gruber-matin:20170208214231p:plain

現在の値段が1BTC=12万円ほどで、去年の4月だち1BTC=5万円ほど。つまり去年ビットコインを購入していた人は倍以上の利益を得ていることになります。(うらやまし~)

Bitcoinは運用が開始されてからまだ日が浅く、知名度も低いため、今後も価値が右肩上がりに上昇していくと思われます。というわけで私も今日このビッグウェーブに乗るためにあわてて購入した次第です。

Bitcoinで利益を得た有名人

2009年の運用開始時はBitcoinは現在に比べればタダ同然の値段で取引されており(かなり得体のしれない存在だったのでしょう)、2016年現在は当時の100万倍以上の値段になっています。

その当時からBitcoinの価値に気付いて購入し、数億円の利益を上げているうらやましい奴らの一人に映画ソーシャル・ネットワーク」で有名なウィンクルボス兄弟がいます。やはり先見の明がある人はなにをやってもちがいますね。

今後ブログで収支報告をしていくよ~

私がBitcoinを購入したサイトはこちらのBitflyerさん。列記とした上場企業が運営しているサイトですので安心ですよ~

https://bitflyer.jp/

今後本ブログで今日購入したbitcoinの収支をたまに報告していこうと思います。ウィンクルボス兄弟に続くぞ~

 

『四間飛車の急所 1』を語る

今日は私が今まで読んだ本の中で一番買って良かったと思う本四間飛車の急所 1』を紹介したいと思います。

新しい将棋の戦法を習得するために定跡を一から勉強するということはとても大変なことです。
私は将棋を覚え以降ずっと振り飛車党でした。四間飛車を主力戦法にし、居飛穴相手に日々消耗していた私は、ある日矢倉に興味を持ち、『東大将棋 矢倉道場 1巻』を購入しました。矢倉道場一巻は4六銀・3七桂戦法という当時の矢倉の最先端の定跡手順が丁寧に解説してあります。その難解な手順は振り飛車脳の私には理解が難しく、ほぼ手順の丸暗記になっていました笑。

そうしているうちに、矢倉の勉強を続けていた私の中に徐々にある感情が生まれました。
『この難解な定跡手順は何十年という矢倉の歴史から考えると、いわば巨大なピラミッドのほんのさきっぽの部分なんだろう。その歴史の変遷を知らずに最新の定跡だけ勉強してほんとに実戦で役に立つのだろうか。ていうか勉強してて全然たのしくねえよ。』
そんなテンションに陥った私は矢倉会得を2週間足らずで投げ出しました。

四間飛車の急所 1』みたいな本をがもっとあったらいいな

最新の定跡手順しか知らず、町道場のおじいちゃんに古い定跡を指されてよくわからないまま負けた経験は誰でも経験があると思います(特に横歩取りに多い)。
何十年も続く定跡の変遷を広く浅く解説した定跡本がもっとあってもいいのではないでしょうか。私が知る中では藤井猛先生の『四間飛車の急所 1』だけです。

f:id:gruber-matin:20170206203028p:plain

四間飛車の急所はもともと『四間飛車の20年』といタイトルで発売される予定でした。この本は最新の手順だけではなく、大山・升田・山田 道美らの時代の将棋までさかのぼり四間飛車の定跡の進化を解説しています(もはや20年どころの話ではないですね笑 おそらくこれがタイトルを変更した理由でしょう)。

この本の目次を引用させて頂きます。


第1章 基本図をめぐるダイナミズム──5七銀左戦法の急所

第2章 四間飛車は《矢倉化》するか──居飛車穴熊の急所
第3章 単独では生き残れない──右4六銀戦法の急所
第4章 なぜ主流の座を譲ったのか──5筋位取りの急所
第5章 この局面をどう見るか──玉頭位取りの急所
第6章 手順を尽くすということ──左美濃の急所
第7章 最新最強の布陣──棒銀の急所
第8章 基本形のセンス──右四間飛車の急所
第9章 新世紀のシステム対策──ミレニアムの急所
                                                                                             

ご覧の通りほぼすべての四間飛車の対策に対応してあります。そのすべての戦形についえ初期から最新の変化まで網羅してあるのです。この内容の濃さを一冊に凝縮できることがすごい笑。

しかも各章の副題がめちゃくちゃかっこいいのです。当時感想戦で調子こいて「この局面をどう見るかですね」とか言っちゃってた振り飛車党は私だけではないはず。ちなみ目次だけ見ると副題の意味がわかりませんが本文を読むと理解できます。もちろん意味もなくかっこいいだけではありません。

これから四間飛車を覚えようと考えているひとはまずこの四間飛車の急所 1』を購入することをお勧めします。時代ごとの定跡手順の変遷を踏まえたこの本は四間飛車の定跡を最も自然な形で身につけることができると思います。この本を読んでもっと細かい手順まで知識を増やしたいと思えば、その戦形ごとの定跡本(5七銀左戦法のみ等)を購入すればよいでしょう。

まるで一冊の歴史小説を読んでるような気持ちになれる本、四間飛車の急所 1』は間違いなくナンバーワンの定跡書だと思います。

高美濃の桂馬の話

こんにちは、未だに歩兵の読み方がよくわからないぐるーばーです。
今回は高美濃の3七(7三)の桂馬について語りたいと思います。

躊躇なく桂馬跳ねるそこの君へ

基本的に振り飛車党の人は高美濃の桂馬を3七に跳ねる手が好きです。
自分の手番でほかに指したい手がない時はノータイムで桂を跳ねる人がほとんどなのではないでしょうか。でも桂馬を跳ねる前に一度立ち止まって考えてほしい。その桂馬、簡単に跳ねていいのでしょうか。

下図の二つの囲いを見てください。先手は桂馬を跳ねた高美濃、後手は代わりに8四の歩を突いた高美濃です。二つの囲いを比べると、純粋な固さでは後手陣に軍配があがります。

f:id:gruber-matin:20170203202639p:plain

先手陣は後手の陣形に比べ
①端攻めに弱い
②3六の桂頭が弱い
とい2つの弱点があります。

桂頭が弱点になった例として一局ご紹介します。下図は渡辺竜王対櫛田陽一七段の実戦です。

f:id:gruber-matin:20170203213821p:plain

まだ中盤の入り口ですがここから渡辺竜王はおもむろに7五歩!と突きだします。
以下△同歩  ▲3五角  △3六歩  ▲2四角  △3七歩成  ▲5一角成  △2八と  ▲6一馬  △同銀 ▲7四歩  △同金 (下図)

f:id:gruber-matin:20170203215012p:plain

▲7五歩の突き捨てを活かして金を上部に呼び込むことに成功しました。こうなると後手陣はばらばらで実戦的に勝ちにくい局面と言えます。

桂馬は必ず5段目まで跳ねよう

単純な固さだけで判断すると桂馬の位置は3七よりも2九のほうが勝ることはわかっていただけたと思います。

もちろん▲3七桂馬自体が悪手なわけではありません。ただ、3七の桂馬は攻め駒であり、5段目に跳ね出さずにその将棋に負けることは避けるべきだと私は考えています

3七の桂を2五(4五)に跳ねる手は、攻め+桂頭の弱点を無くす+玉が広くなるという立派な攻防の一手なのです。(下図)

f:id:gruber-matin:20170203221620p:plain

桂馬を守りの駒としてとらえるのであれば2九に置いておく。攻め駒として活用するのであれば必ず5段目まで跳ねる。それを意識していただければ自然と勝率アップにつながると思います。

1月の振り返り

こんにちは ぐるーばーです。

ブログを開始して最初の月末になりました。
本日までのアクセス数を確認すると約700PVくらい。検索からたどりついていただいた方は全体の5%程度で、ほぼTwitter経由で来てくれた方で占められました。
いつもご覧いただいてる皆様ありがとうございます。また、私のブログ更新ツイートをリツイートしていただいた方々には感謝の気持ちでもはや頭が上がりませんm(_ _)m

今日は将棋の研究はお休みして思ったことをつらつら書くことにします。

せっかくなので2月の目標を立てます

ドン!!↓

目標閲覧数 3000(1日平均100PV)

目標更新回数  15回(2日に1回)

とりあえず上の数字を目指します! 2日に1度の更新は無謀かもしれませんが、達成できなくても死ぬわけではないので強気に行きます。

Twitter経由で他のブログをみて思ったこと

私はもともと将棋ブログはストラテジーさんくらいしか見ていなかったです。
でも、ブログを始めてからTwitterのフォロワーさんのブログを見て回るようになり、自分の知らない将棋のブログに素晴らしい内容のモノがたくさんあることにきづいてしまった。
Twitter経由で発見してビビっときたのがこちら

これ知らなかったら普通に引っかかって負けてるやつなので、たどりついたときは幸福な気持ちになった笑▲4二銀は参考にさせていただきます。

将棋デ ショコラ 品切れで買えません笑

「将棋でしょこら」の画像検索結果

将棋関係者に話題の一心堂さんの『将棋デ ショコラ』おいしそうなので自分用に購入しようと思ったのですが、公式通販は入荷するたびにすぐ売り切れ

田舎住みなのでどうにも手に入れる手段がありません。悲しみ

 

今回の更新は以上になります。また明日から将棋の研究頑張るぞー

 

相振り飛車の端 受ける?受けない?

こんにちは。将棋ブロガーのぐるーばーです。

はやいものでブログを初めて2週間が経ちました。そして、気付いたことが一つあります。

『実はみんな、相振り飛車の記事に興味ない!!??』

はい、そうなんです。これまで相振り飛車の記事を2つ書いているのですが、極端にpv数が他の記事より少ないのです。

しかしですよ、相振り飛車は市販の書籍があまり充実しておらず、書籍に対するネタかぶりを気にする必要がないので筆が進むのです笑

というわけで今回のテーマは、振り飛車の囲いの端歩を受けるべきか否かについて書いていきます。

振り飛車の端歩のセオリー

振り飛車で囲い側の端歩を突かれたときに受ける必要があるのかどうかは、相振りビギナーの方にはなかなか悩ましい問題なのではないでしょうか。(例:下図)

f:id:gruber-matin:20170128213640p:plain
この疑問に対して、条件別に解説していきます。

条件1:金無双のとき

もしあなたが囲いに金無双を選択したのであれば、端歩は絶対に受けてください。
なぜなら、金無双は2八のマスに銀がいるため、端攻めに対してとても強い囲いだからです。将来端に玉が追いつめられた際の逃げ道をつくりつつ、銀の動きを楽にする▲1六歩にはデメリットがほぼありません。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128214121p:plain
また、2筋の歩を交換された際に▲1七銀~▲2六銀から敵の飛車を狙うという選択肢も生まれます。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128215002p:plain
というわけで、金無双の端歩は絶対に突くようにしてください。

条件2:穴熊のとき

穴熊に囲った場合は、端は受けないでください。ダメ。ゼッタイ。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128215943p:plain

穴熊に囲った場合、相手はほぼ100%端攻めを狙ってくるので、端歩を受けると相手の攻めが2手はやくなってしまいます。

2手じゃなくて1手じゃないの?!と思われた方のために補足で説明するために下図を用意しました。

f:id:gruber-matin:20170129100635p:plain

お互いに穴熊に囲い、先手も後手も端攻めを狙える局面です。
仮にここから先手が端を攻めた場合、端歩を突き捨てるまでに▲9五歩▲9四歩の2手が必要になります。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129101116p:plain

対して先手が仮に▲1六歩と端歩を受けると、すぐに後手に△1五歩と突かれてしまいます。(下図)
下図はこのまま終盤へと進んだ場合、上図に比べて先手の攻めが▲9五歩、▲9四歩の2手分遅れています。

f:id:gruber-matin:20170129101233p:plain

仮に△1四歩と突かれた局面で、先手がパスすれば(ルール上無理ですが)後手の攻めは1手早くなります。
対して▲1六歩と受ける手は、「パス+さらに互いの歩が1マス近づく」手であるので、後手の攻めが2手早くなるのです。

条件3:美濃&矢倉のとき

条件1と2は相振りビギナーの方にとってもかなりイージーな条件だと思われます。
問題は美濃矢倉の場合です。これは相振り飛車を指しなれた方にも悩ましい問題なのではないでしょうか。

結論から書きます。ずばり相手の攻め駒の陣形を見て
『銀で端を攻めてきそうならば受けない』『桂馬で端を攻めてきそうならば受ける』
がセオリーとなります。

以下の図で説明します。

f:id:gruber-matin:20170129103417p:plain

上図の後手は4三の銀を△3四銀~△2五銀と活用しようとしています。その最中に△1四歩と端を打診してきました。この局面は『銀で端攻めされる局面』ですので、端歩を受けないでください。仮に受けた場合の一例を解説します。

上図以下
▲1六歩 △2五銀 ▲2八玉 △1五歩 ▲同 歩 △同 香  ▲同 香 △2六歩
▲同 歩 △同 銀 ▲2七歩 △1五銀 ▲6四歩 △同 歩  ▲6五歩 △2五香
(下図)

f:id:gruber-matin:20170129105258p:plain
後手は△1五香から流れるように香車を入手し、△2五香と据えます。次に△2六歩▲同歩△同銀の数の攻めが受かりません。

矢倉の場合はもっとわかりやすいです。以下の局面を見てください。

f:id:gruber-matin:20170129110545p:plain

仮に上図で▲1六歩と突いた場合、△1五歩 ▲同歩 △同銀 ▲同香 △同香という端攻めが可能となります。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129110833p:plain

上図の局面は△1二飛△4四角の応援があり、先手は端をささえきれません。

以上の例のとおり、相手が銀で端を攻めてくる場合、端歩を受けると相手の攻めに弾みがつくので受けてはいけません。

 

次に、桂馬で攻めてきた場合を見てみましょう。まずは下図をご覧ください。

f:id:gruber-matin:20170129111743p:plain

上図は相三間の出だしから後手が一直線に端を狙ってきた局面です。以下一例として、上図以下 △1七桂成 ▲同 香 △1六歩 ▲同 香 △同 香と進み、後手の端攻めは成功します。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112039p:plain

仮にこれが▲1六歩型だとしたらどうでしょう(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112200p:plain

上図から先ほどと同じように△1七桂成と指しても、▲同香で何事も起こりません。(下図)

f:id:gruber-matin:20170129112350p:plain

桂馬による単騎の端攻めの場合、1七の歩を食いちぎられるのを防ぐ意味で、▲1六歩型のほうが受けやすい場合のほうが多いのです。矢倉を選択した場合も条件はほぼ変わりません。

 

ここまで読んでいただいて、「銀で攻めてくるか桂馬で攻めてくるかわからない段階で端を突かれたらどうすんねん」と思われた方がいると思います。(下図)

f:id:gruber-matin:20170128213640p:plain

その場合は、受けない方が無難です。なぜなら将来マイナスになる可能性のある手を指すくらいなら、100%プラスになる攻めの手を指した方が確率的に明らかに得だからです。条件2で説明したとおり、端を受ける手は結果的に2手パスになる可能性を常に秘めているのです。

振り飛車の端歩のセオリーの話は以上になります。なるべく丁寧に説明したつもりなのですがいかがだったでしょうか。

ではまた。

相振り飛車の攻め筋集 実戦編

こんにちは、仕事中もこっそりスマホ棋譜中継を見るダメリーマンことぐるーまんです。

前回、相振りビギナーのための相振り飛車の攻め筋を紹介しました。

これだけ覚えりゃ何とかなる! 相振り飛車の攻め筋集 - できれば遊んで暮らしたい

前回紹介したとおり、振り飛車において最も効果的な攻めは下図の角打ち(棒銀+筋違い角)です。

f:id:gruber-matin:20170126205413p:plain

今回は、プロの実戦に現れたこの角打ちをめぐる攻防を紹介します。

紹介する棋譜は、第6回朝日杯 畠山成幸七段-井上輝彦アマ戦です。

2012年8月15日 一次予選 畠山成幸七段 対 井上輝彦アマ|第6回朝日杯将棋オープン戦

初手より
▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △3五歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △4二飛 (下図)

f:id:gruber-matin:20170126220810p:plain

先手の井上アマは角交換四間を得意とする有名なアマ強豪。△3五歩に対していきなり一手損の角交換を挑むあたり、深い研究が感じられます。△3五歩を緩手にさせるイメージが出来上がっているのでしょう。

ちなみに▲8八銀のときに▲5八金や▲4八玉と指すと、△3二飛とする選択肢が生まれます。(下図)

f:id:gruber-matin:20170126211020p:plain

上図では▲6五角が気になりますが、以下 △5二玉 ▲8三角成 △3六歩 ▲2八銀 △3七歩成 ▲同 銀 △3六歩▲2八銀 △5五角 と進んで後手がよくなります。(下図)

f:id:gruber-matin:20170126211216p:plain
いったん△5二玉と受けて、▲3六歩と突けば後手の香得以上が確定します。この筋を知らずに△4二飛と途中下車してから三間飛車にするのはもったいないです。

本譜に戻ります。△4二飛以下
▲7七銀 △6二玉 ▲4八玉 △7二玉 ▲8六歩 △3三銀 ▲5八金左 △2四歩
▲8五歩 △2二飛 ▲8八飛 △8二銀 ▲2八銀 △2五歩 ▲8四歩 △同 歩
▲同 飛 △8三歩 ▲8六飛 △2六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲2七歩 △2四飛
▲3八玉 △6二金 ▲6六銀 △5二金上 ▲7五銀 △7四歩  (下図)

f:id:gruber-matin:20170126220923p:plain

両者向かい飛車に振りなおし、金無双に囲います。この将棋はもともと相四間飛車ですが、現代の相振り飛車では基本的に6筋(4筋)の歩を伸ばす手は間に合いません本譜のように素早く左銀を繰り出す手が本筋になります。

上図の一手前の▲7五銀は例の▲5六角打ち(棒銀+筋違い角)をにらんだ一手。 (下図)

f:id:gruber-matin:20170126212320p:plain

この角打ちを許すと基本的に次の8四歩に対する受けはありません(△9二角打ちは論外)。
よって後手の△7四歩は絶対の受けになります。本譜を進めてみましょう。

△7四歩以下
▲6六銀 △3四銀 ▲7五歩 △2五銀 ▲5五角 △5四角 (下図)

f:id:gruber-matin:20170126221003p:plain
井上アマは△7四歩を突かせることにより7筋に争点を作る狙いだったのでしょう。しかし今度は後手の畠山八段が棒銀+筋違い角を狙います。▲5五角の香取りに構わず△5四角!の強手が出ます。

上図以下
▲4八玉!

f:id:gruber-matin:20170126214709p:plain

何度も言いますが△5四角(▲5六角)打ちに受けはありません(何回目だろう・・)。
井上アマは香車を拾う余裕もなく玉の早逃げを余儀なくされました。
ここから形勢は後手に傾きます。

上図以下
△2六歩 ▲同 歩 △同 銀▲8四歩 △同 歩 ▲8三歩 △同 銀 ▲9一角成 △2七銀成 ▲5五銀 △2八成銀▲5四銀 △8二銀  (下図)

f:id:gruber-matin:20170126215148p:plain

後手は着実に先手陣を突破してきます。先手も香車を取ることができましたが、せっかくできた馬が△8二銀と殺されてしまいました。こうなると確実な攻めが残っている後手がわかりやすい展開です。
上図以下
▲同 馬 △同 玉 ▲4六角 △6四角 ▲6三銀成 △同金左▲6六香 △4六角
▲6三香成 △同 金 ▲4六飛 △2九成銀 ▲4三飛成 △2八飛成▲3八金打
△3六桂 ▲5九玉 △4八歩 (下図)

f:id:gruber-matin:20170126215704p:plain

後手は▲3八金の龍取りに構わず攻めをつなげます。上図で龍を取っても、△4九歩成▲6八玉△8七銀のような左右挟撃の攻めですぐに寄ってしまいます。対して先手にはそれ以上早い攻めがありません。以下終局まで記します。
上図以下
▲5二龍 △6二歩 ▲4八金左 △同桂成▲同 玉 △1九龍 ▲5五角 △7三香
▲7四歩 △2八成銀 ▲7三歩成 △同 桂▲3九香 △3八成銀 ▲同 香 △6八金
▲3九銀 △2八銀 ▲5六歩 △6七金  ▲7三角成 △同 玉 まで先手の勝ち(下図)

f:id:gruber-matin:20170126220401p:plain

両者のスピード感のある攻めがとても参考になる棋譜であり、振り飛車における5六角(5四角)の威力がわかっていただけたと思います。より詳しい解説を見たい方は、以下のリンクから朝日杯の中継ページへどうぞ!!

2012年8月15日 一次予選 畠山成幸七段 対 井上輝彦アマ|第6回朝日杯将棋オープン戦